社長挨拶

国際文化財は、埋蔵文化財発掘調査事業を中心に、特定分野に関連する事業を行っています。また、出土した遺物の整理やその成果を記載した報告書作成の他、地域の文化財保存活用計画策定支援等、これまでの経験と専門性を活かし、公益や地域社会に貢献しています。当社は、発掘調査の提案・調査・管理から遺物整理、報告書作成、さらには保存活用計画策定までトータルにサポート出来ることが強みです。専門の調査員や測量士・土木施工管理技士がお客様からのご要望にお応えし、各事案に適切に対応することにより、数多くの実績を積み上げてまいりました。

近年、発掘現場においても、デジタルカメラ、ドローンによる3次元測量やレーザ計測機による遺物実測等のデジタル技術の導入が進んでいます。当社は、それらの新しい技術をいち早く導入することで最先端の技術力を活用し、これまで培った当社独自のノウハウと融合させることにより、今後さらに事業領域の拡大を目指して行く方針です。

当社の企業理念である「思いを馳せ、そして楽しむ」には、事業を通じて、過去の人々の生活や文化、当時の環境を明らかにすることで、より多くの人が歴史や考古学に興味を持ち、楽しんで欲しいという願いが込められています。その達成に向けて、役職員一同取り組んでまいります。今後ともご支援、ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

国際文化財株式会社
代表取締役社長 梅原亮介